わきがで嫌われないための対策方法

“わきがは、人間のわきなどに多く存在するアポクリン腺から出る脂質やタンパク質が多く含まれた汗を、わきの皮膚やわき毛に棲む雑菌が分解することにより発生する独特の臭いのことです。
わきが体質である人の割合は人種によって違いがあり、日本人では10~15%ほどの人がこの体質だと言われています。
自分のわきがの臭いが周りの人に嫌われていないかと悩む人は少なくありませんが、この臭いを軽減する方法には、まずこまめに汗を拭き取るクセをつけることが挙げられます。
その際に使用するのは濡れたタオルなどが適しており、ウェットティッシュも携帯しやすいので便利です。
また、わきが対策に効果的なデオドラント製品は、定期的に使用する必要はありますが手軽に臭いを改善することが出来るので利用してみると良いでしょう。
デオドラント製品には色々なものがありますが、わきがの人にはアポクリン腺からの汗を細菌に分解させないための殺菌効果があるタイプや、汗の分泌を抑える作用のある制汗タイプの製品がおすすめです。
おすすめのわきがクリーム

軽度のわきがケアの方法

“わきがは軽度から重度まで症状はそれぞれですが、軽度の場合は、日ごろのケア次第で臭いを軽減することは可能です。
まずわきがケアで大切なのは、臭いの原因となる汗や雑菌を出来るだけ抑えることです。
そこでまず活用したいのが、制汗スプレーや制汗クリームです。現在は市販で様々な制汗商品がありますが、特にわきが臭対策に効果的なミョウバンが配合された物がおすすめです。
他にも脇汗を素早く吸収するような脇パッドを使い、腋の下を清潔に保つように心掛けるようにしましょう。
また食生活を見直すことも大事です。
肉食中止の食事は、アポクリン線を刺激してわきが臭を強くする原因となりますので、出来るだけ野菜や魚を中心として栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょう。
軽度のワキガは毎日のケアによって気になる症状をある程度抑えることは可能です。最初から諦めてしまうのではなく、無理のない範囲で自分に出来ることからやってみましょう。”

わきがを改善するにはむだ毛処理を

“わきがを改善したいと思ったら、わきの下のむだ毛処理を行うことが大切です。もちろん剃るだけでも効果的ですが、毛根から引き抜くことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。わきの下は汗をかきやすい場所ですので、むだ毛が生えていると不衛生になりがちです。いつでもむだ毛を綺麗に処理してすっきりとさせておくことで、臭いの原因を除去することができます。
むだ毛処理と同時に忘れてはならないのが、汗をかいたらこまめに拭くことです。わきがの人は汗が臭いの大きな要因となってしまいます。汗をかかないというのは不可能ですが、できれば汗をかくたびにしっかりと拭いて、乾燥した状態を保つことが大切です。雑菌というのは、湿った場所に繁殖します。わきの下も同様であり、汗をそのまま放置してしまうのは危険です。また、制汗パウダー等を上手に使って汗をコントロールすることも重要です。わきの下のむだ毛がなく、常に乾燥していれば、それほど強い臭いは発しません。”

わきがになる原因はなんでしょう?

“わきがになる人の原因とは一体なんなのでしょうか?
それはみんななりたくないと思うでしょう。
体質もあるでしょう。わきがというのはアポクリン腺の活動が活発である人の体質です。
単にアポクリン腺の活動が活発なだけ、ただそれだけなのです。
たとえば、アラブ人、ラテン人、黒人のほとんどはわきがです。
ただその国民全体的にとても多いため問題になりませんが、アジア人には珍しいため問題になります。
それも困ったことですね。
汗腺には2種類あって、エクリン腺とアポクリン腺です。
エクリン腺は99%無臭ですがアポクリン腺も最初はほぼ無臭です。
しかしアポクリン腺には匂いの原因がたくさん含まれています。
エクリン腺とアポクリン腺の違いは役割です。
アポクリン腺の役割はにおいを作るのが目的なので仕方のないことなのです。
アポクリン腺には個体の識別やフェロモンという意味合いがあります。
だからこそ人間はここまで繁栄することができたのです。”

わきがは手術によって治せる

“男女といった性別や、若い方お年を召された方など年齢にも関係なく、誰であっても悩みの原因となりかねないのがわきがです。どれだけ脇を清潔に保っていても、どうしても強い臭いが発生してしまうといった方は一定数存在していると言えることから、消臭スプレーによる対策をとっているわきがの方というのは相当数実在していると考えておいていいでしょう。
ですがわきがは手術によって治せることで知られており、一度手術を受ければ再発する可能性が限りなく低いといったメリットがあることでも知られています。
長年わきがで悩んでいたという女性の方であっても、手術を受けることで悩みの種を消し去ることが可能なので、大抵の場合無料で受けられるクリニックのカウンセリングを受けてみることをお勧めします。
わきが手術は入院する必要がないことから、短日で気軽に受けられる手術としても有名です。仕事の忙しさからまとまった休みが取れないという方でも安心して手術を受けられると言えるでしょう。”

わきが治療にボトックス

わきがにはいろいろな治療方法がありますが、最近では切らずにできる方法も登場しています。ダイエットや美容目的でも使われているボトックス注射ですが、同じ効果によってわきがの臭いを抑えることが可能です。注射をするだけですから体への負担が軽いこともメリットですが、女性であれば切開による傷跡が目立たないこともメリットになります。ボトックス注射は、アポクリン汗腺を働きを抑えることで臭いを軽減できますが、他の目的で使用する場合と同じく効果の持続期間が短いのが特徴です。人により異なりますが、ボトックス注射の効果は半年程度しか持ちませんので、効果が無くなれば再度注射をする必要があります。軽度の場合には臭いを抑える効果がありますが、重度の場合には完全には抑えることはできませんので手術を選んだほうが良いと言えます。一時的な効果しか期待できませんが、臭いを軽減することは可能ですから軽度のわきがには最適な方法と言えます。

根本的にわきがを解決する方法

“わきがの原因はわきに多く存在するアポクリン腺にあります。
わきがに悩んでいる人は多く、デオドラント剤を使用したり、入浴時に石鹸でよく洗ったりと毎日ケアを努力しているという話もよく耳にします。
しかし、根本的にわきが治療を行ってニオイを気にしなくて良い生活を送りたいなら、美容外科での治療を検討してみると良いでしょう。
わきがの治療法には様々な方法があり、代表的なものはわきをメスで切開してアポクリン腺を除去する手術の切開法です。
切開法はわきのニオイを解消するのには効果が高い手術と言われており、クリニックによっては保険適用が可能でリーズナブルな料金で手術が受けられることもあります。
他に、わきがの治療法として有名なのはミラドライで、皮膚を切らずに受けられる施術であることで傷跡を残したくない人にもおすすめですし、ダウンタイムも少なく安全性が高い方法であることも人気の理由です。
皮膚を切らない治療法にはボトックス注射もあり、効果が永続的ではないことがデメリットではありますが、わきに注射を打つだけでニオイと汗が抑えられる施術なので気軽に受けられることが魅力です。”

症状で選ぶわきが対策

わきがは独特の臭いを発するのが特徴ですが、臭いの質や程度は人によって異なります。もちろん対策も異なってきますので、自分がどの程度のわきがなのか把握することが大切です。わきがを治すには手術をするしか方法がありませんが、手術にも色々な方法があるため程度に合わせて選ぶことになります。重度の臭いの場合は完全摘出法によりアポクリン汗腺を取り除くのが最適です。僅かでも取り残しがあると臭いを消すことができませんし再発の可能性があります。完全摘出法以外の手術は重度の臭いには適していませんので、軽度の人に適した方法となります。傷跡が少なく体にかかる負担を軽くできるのが吸引法ですが、吸引法では取り残しがでてしまうため、軽度の臭いに対して有効だと言えます。取り残しが多少あっても臭いが気にならない状態の人に適しています。最近では切らずにできるレーザー治療もありますが、重度の臭いには対応できませんので、軽く臭う程度の人に適した方法となります。

わきがは人にはうつらない

わきがは親からの遺伝体質です。独特のにおいを発しますが、わきがの方本人は自分では気づくことは少なく、他人や家族に指摘されて初めて自分がそうなのだとわかることが多いです。においが出てくるのがちょうど思春期の頃なので、学校などでわきがが移ると言う子も現れますが、あくまで遺伝体質なのですからウイルスとは違って人から人へとうつることはありません。もしにおいが移ることがあるとしたら、わきがの人が使ったタオルを貸してもらって使ったり、その人が着ていた服を借りるなどして一時的に体に菌がついてしまうことによってにおいが移ったと感じるというだけです。お風呂へ入ってしまえばもうにおいはとれてしまいます。わきがの治療は可能ですし、実際に原因となっているアポクリン汗腺を除去することでほぼ永久的ににおいが出てくることがなくなります。これは通常の汗とはまた違いますから、汗が出なくなるということではありません。ただし成長期にアポクリン汗腺を取り除いてもまた再生してしまう可能性があるので、体が完全に成長しきってからの除去をするほうがいいです。

わきがの原因と対策

わきがは特有の臭いを発するため、本人には自覚がなくても他人を不快にさせてしまう問題点があります。自分の臭いには気がつかないのが普通ですから、自覚が遅れてしまうことに問題があると言えます。わきがはアポクリン汗腺が原因となりますが、臭いに程度の違いはあってもアポクリン汗腺を取り除かなければ完治はできない症状となります。アポクリン汗腺を取り除くには手術が必要ですから、臭い対策の商品を使っても根本は解決できない性質があります。わきがの手術にはいろいろな方法がありますが、どの手術でもアポクリン汗腺を取り除くのが目的で行われます。手術にはアポクリン汗腺を取り除ける量に違いがありますが、切開して医師の目視で取り除くのが最も効果が高い方法となります。吸引による手術では目視ができないために取り残しが発生しますが、取り残しが多いと完全に臭いを消すことはできませんし、状況によって再発してしまう場合があります。わきがの臭いは強烈ですから早めに自覚して対策をとることが大切です。